Hints and Tips 正しいお手入れと保管方法

1.スーツの手入れと保管

「高橋さん。いつもバリッとしているけど、あなた自分だけ特別な仕立の洋服着ているんじゃないの」 よくお客様が冗談とも本気ともとれる表情でおっしゃります。決して私だけが特別の服地を使用して、特別の仕立の服を着ているわけではありません。きわめてあたりまえの服地を、お客様にお納めするものとまったく同じように仕立てた服を着ているだけなのですが、もし決定的な一般の方との違いがあるとすれば、それは「手入れと保管方法」だと思います。

洋服は正しいお手入れと着用方法、そしてシーズンオフの保管方法次第で寿命はグッと長くなります。どうか面倒臭いと考えずに、こまめにお手入れをなさっていただきたいと存じます。 手入れの基本は、「ブラッシングと休養、そしてプレス」につきます。 着用した洋服は帰宅したらまず“ブラッシング”でホコリをよく払い落としてください。使用するブラシは服地のために上等な“箒ブラシ”をお薦めいたします。獣毛のブラシは静電気が発生しやすいため当店ではお勧めしておりません。もし雨で洋服が湿っている場合は、じゅうぶんに乾燥させてからブラッシングしてください。また、湿った泥ハネなども完全に乾いてからブラシで擦れば、たいていのものは落とすことができます。湿っているあいだに擦ると、服地の織り目に入り込んでしまい落とすことができなくなってしまいますので、あわてて触らないようにしましょう。

ブラッシングが終わった洋服は、風通しのよい場所で陰干しをして汗などによる湿気を乾かしたら、数日間は休養させます。“着たきり雀”は洋服の寿命を短くしてしまいます。ご自分のワードローブをうまくローテイションさせて、連続着用を避けるようにしてください。
そして、ズボンの折り目がなんとなくシャープでなくなってきたり、上着がなんとなくヨタってきたりしたら、プレスが必要なタイミングです。私の洋服が特別なものにみえるとすれば、圧倒的にプレスの回数が多いのだけが理由といえましょう。そしてこのプレスこそが洋服にとってもっとも大切なケアーなのです。

Hints and Tips

  • 1.スーツの手入れと保管
  • 2.プレスの4つの注意
  • 3.道具について
  • 4.ズボンのプレスの手順
  • 5.ジャケットのプレス手順
  • 6.保管方法
Page top