Hints and Tips 正しいお手入れと保管方法

5.ジャケットのプレス手順

袖を細い仕上げ馬に通し、縫い目を上にしてプレス(袖の内側になる部分)。縫い目のない側を上にしてシワのある部分をプレス(袖の外側部分)。

袖の部分を鉄万にかけ、袖の前側をプレスしたあとで袖の付け根の縫い目を鉄万のカーブに合わせてプレス。

肩の上の縫い目を鉄万の上にのせプレスする。反対側の袖も(1)(2)(3)の順でプレスする。

仕上げ馬の上に背中心をのせて、アイロンを少しずつずらして縫い目をプレス。

板の上に、ボタンホールのある方の前身ごろを広げて平らに置き、前端をすその方から襟に順にプレス。襟の部分はおこして、下から半分くらいまでかける。

前身ごろを裏返し、襟にある縫い目線のあたりから第1ボタンホールの辺りに掛けて、前端をプレス。こうすると襟の先が浮いたようになり、格好が良い。

ボタンのある側を(5)(6)の手順でプレス。

※上記の写真では、わかりやすくするためにコテ布をあてておりません。
本来は右のように、必ずコテ布をあててプレスしてください。

Hints and Tips

  • 1.スーツの手入れと保管
  • 2.プレスの4つの注意
  • 3.道具について
  • 4.ズボンのプレスの手順
  • 5.ジャケットのプレス手順
  • 6.保管方法
Page top