Hints and Tips 正しいお手入れと保管方法

4.ズボンのプレスの手順

最もシワになる小股(また)の部分から開始。股の部分を開く形で鉄マンにのせ、縫い目の部分とその周囲のシワになった部分にコテ布をあててプレス。

股上のプリーツの部分を整え、鉄万の上に平らにのせてプレス。

着用しているとふくらんでくるポケットの入り口。プリーツと同じように整えて、鉄万の上にのせてプレス。この際、尻ポケットの袋布はアイロンの下にならないようよけておく。

広いヒップの部分は、左右数回に分け順に鉄万の上に広げてプレス。

ひざが丸く飛び出しているようなら、裏返して板の上で直接その部分をプレスして平らにする。

ズボン中央の折り目で正確に折り、板に平らに置く。右利きならウエストが左側に来るようにすると作業しやすい。上になった側をめくって、下側からプレスをする 。

折り目を片側ずつ、すそから上へアイロン一つ分ずつずらしながらプレスしていく。前が終わったら後ろも。 線は股下の延長の上2センチぐらいまでいれる。

ヒップの部分にかけては、前身ごろ側に鉄万を置き、ぐっと引っ張り上げるように生地を伸ばしてからかけると、立体的に仕上がる。

上下を逆にして反対側もプレス。

プレス後は、折らずにすそからつって熱を冷ます。

※上記の写真では、わかりやすくするためにコテ布をあてておりません。
本来は右のように、必ずコテ布をあててプレスしてください。

Hints and Tips

  • 1.スーツの手入れと保管
  • 2.プレスの4つの注意
  • 3.道具について
  • 4.ズボンのプレスの手順
  • 5.ジャケットのプレス手順
  • 6.保管方法
Page top