Sartoria Luigi Gallo サルトリア ルイージ・ガッロのご紹介

Sartoria Luigi Gallo サルトリア ルイージ・ガッロ


ローマの名門注文紳士服店"サルトリア ルイージ・ガッロ"をご紹介いたします。
ルイージ・ガッロ氏は1944年バジリカータ州生まれ。1957年に修業のためローマに出て、伝説のサルト、アンジェロ・リートリコに師事。'60年には自らのサルトリアを創業します。
かつてはイタリアの最も優れた若手サルトに贈られる"フォルビチ・ドーロ"(金の鋏)賞の審査委員長を務めたイタリア サルトの重鎮です。
現在ミラノのマリオ・カラチェニ氏が名誉会長を務める「CAMERA EUROPEA DELL' ALTA SARTORIA」と言うサルトリア協会の会長を務めており、本業の傍ら若手職人養成のためのサルト育成教室の校長として、後進の指導をおこなっています。
現在、弊社店主の二男翔が、同教室に留学しながら、ガッロ氏のアトリエにおいて縫製に従事しており、弊社とは深い親交があります。

Page top