Concept 私達はこのようなコンセプトで本物の洋服作りを続けています

1.誂える時代から買う時代へ

 戦前は洋服といえば“誂(あつら)える”のがあたりまえの時代でした。“注文洋服店へ出向いて服地を選び、採寸をし、仮縫いされた服を試着した上で、職人が手作業で縫い上げた洋服を着る。”このプロセスを人々は当然のことと受け止めていました。当時は現在に比べ、背広を必要とするような職業がきわめて限られていたこと、したがって背広を着る人口も少なくマスプロダクションの必要性も乏しかったこと、さらには既製服の品質レベルも極端に低かったこと等が“背広は当然、誂えるもの”と消費者が考えていた主な理由でした。
しかし戦後、時代は一変しました。経済の高度成長期の到来とともにビジネスマンの数は激増し、膨大な数のビジネスマンが仕事着として背広を着るようになったのです。増え続ける需要を満たすためにはどうしても大量生産の技術が不可欠となります。アメリカから既製服製造の技術が導入され、国内の服飾メーカーが大量生産の技術を確立したことにより品質は向上しました。ビジネスマンの間で背広はビジネス・ウェアーとして完全に定着し、時代の要求に応えて既製服の製造技術と品質の向上という条件も満たされ、ビジネスマンの多くは背広を百貨店や専門店の店頭で、数多く用意された既製服の中から自分の身体のサイズや好みに近い品物を選んで“買う”ようになったのです。

  • 1.誂える時代から買う時代へ
  • 2.サイズのあった背広ならよいのか
  • 3.注文服の味は心の満足
  • 4.注文服の価値は技術料、安心料そして満足料
  • 5.いいものを長く愛用する
Page top