Tailoring Class 縫製技術者の育成

ご挨拶 Introduction

弊社は、1903(明治36)年の創業以来一貫して、自家工場での完全手作業による注文紳士服専門店として営業して居ります。
洋服が"誂える物"から"買う物"に変わってしまった現在、注文紳士服まして完全手作業による洋服は、価格の問題ともあいまって需要が漸減しておりますが、それにも増して縫製技術者の減少は深刻化しています。このまま放置すれば、近い将来手作業による洋服は手に入らなくなってしまうでしょう。
そこで私共では伝統の技術を伝承する為、2003年、小規模ではありますが、手作業による紳士服縫製技術指導教室を開講し、縫製技術者の育成を開始いたしました。 当教室開設以降、類似の教室が誕生しているようですが、当教室の圧倒的な授業時間と充実した講師陣による授業内容は、他の教室では真似ができません。そしてなんと言っても日本最古と言っても過言ではない老舗でありながら、常に時代の流れを柔軟に取り入れて行く、技術者でもある経営陣のエスプリを身近に感じることができる環境は、他の教室では体験できないでしょう。

現在、いわゆる"注文服"と言われる洋服の多くは、服地の選択→ディテール・シルエットの決定→採寸→型紙製作→裁断→仮縫い→フィティング→補正→縫製→検品→納品と言うプロセスは確かにオーダーメイドではあっても、コンピューターによる型紙製作と工場のアセンブリーラインでの縫製による物で、裁断師による型紙起こし、そしてジャケット・ウェストコート・トラウザーズそれぞれを一人の職人が総て手作業で縫い上げる本来在るべき注文服とは全く趣を異にする物と言えます。

お客様の体型を観察しながら採寸をした裁断師自らが型紙を起こし、裁断し、フィティングをし、型紙を補正して裁縫師にお客様の体型の特徴を説明しながら裁縫指導をする弊社の様なシステムを維持するには、豊な感性と経験を持った裁断師と裁縫師が不可欠です。 正に職人技だけがなし得る“技”と“技”の集大成なのです。
当教室では、裁縫技術者として修業する為の基礎を指導致します。その後は本人の希望があれば、技術の完成度を見極めたうえで弊社に研修生として残ることも可能です。
当教室に入室を希望される方は、入室申込書に必要事項をご記入の上、履歴書を添えて下記住所宛ご返送ください。書類審査の上、面接の日程をご連絡いたします。

〒104-0061
東京都中央区銀座4-3-9 タカハシ クイーンズハウス
株式会社 髙橋洋服店

Tailoring Class

  • 1.ご挨拶
  • 2.カリキュラム
  • 3.入室申込書PDF
  • 4.教室風景
Page top